資料

世界の宝である子供を育てる保育士の仕事はやりがいがある

世界の宝である子供を育てる保育士の仕事はやりがいがある

(公開: 2014年10月15日 (水)

少子高齢化といわれる現在、子供は未来の、世界の宝ですが、その子供達の成長のために保育士の仕事をてる人たちはとてもやりがいがあると思います。

経済的理由やその他の事情で、0歳児から小学校入学前まで親は働いて子供を保育所に預ける人が多いですが、親も立派に子供を世話し育ててくれる保育士にとても感謝してるはずです。

自分も経済的な事情から長男を6ヶ月から、長女も6ヶ月から保育所に預けて働いていましたが、自分だけではしつけや子供の社会生活で子供同士仲良く遊べるような関係にしてあげれるまで十分配慮してあげられない面がおうおうにありました。

保育士は、子供に基本的な生活週間を身につけてあげてくれ、子供も親が言っても保育士のいう事はきちんと話しを聞いてくれ、保育士を信頼ししつけを守り、保育士は親の足りないところをサポートしてくれる、とても大切な存在だと思います。

2人の子供を保育所に預け働いていましたので、子供も家にいるよりは保育所に行ったほうがイキイキしてて、集団生活の中で成長してる様子が日に日にわかり、保育士の存在は子供もサポートしてくれるし、親もサポートしてくれ、とても誇りあるやりがいある立場です。

幼稚園や保育園の仕事のやりがいについて